スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |
    ヒザは消耗品?
    0
       ヒザが痛い・・・

      世の中でヒザが痛い、と言っている人たちの多くは、更年期に入った人達でしょう。

      若い人でヒザが痛いという人はほとんどいないでしょうし、仮にいたとしてもそれは、更年期の人たちの症状とはまた違った理由の場合が多いです。



      ヒザの関節には、歩くだけで体重の約3倍の負荷がかかっています。


      体重60キロの人は、歩く動作をするだけでも約180キロの負荷が、ヒザにかかっているわけです。


      何十年も歩いてきたヒザは、傷んでくるのは仕方がないことだと思います。



      更年期に入る位の年齢になると、軟骨の再生能力も弱くなってきますから、関節を動かすたびにすり減る軟骨の再生が追いつかなくなるわけです。


      ヒザ関節は、スベスベでツルツルで少しやわらかいです。


      関節がスムーズに動くように、スベスベツルツルしていて、また体重などの負担から関節同士を守るためのクッションの役割も果たしています。


      特にコラーゲンは重要で、コラーゲンの多い食品を食べ続ける事で、あきらかに関節がラクになってくるほど。

      ゼラチン質の物には、コラーゲンが多く、有効だと言われています。

      ちなみに、最近では低分子コラーゲンというのが妙に流行っていますが、低分子でも高分子でもあまり関係ないと思われます。


      なぜなら、低分子のコラーゲンは最近、人が作ったものだからで、まだ十分なデータもありません。


      つまり、昔から言われているように、コラーゲンたっぷりの食品(豚足やすっぽん)を食べると関節や肌がキレイになる、というように、低分子や高分子などはあまり気にしなくて大丈夫です。


      ただ、豚足やすっぽんはそのまま食べ続けるとカロリーが大変な事になりますから、できればコラーゲンはサプリメントや健康食品など、”特化”したものから摂る事をおすすめします。







      posted by: rakutino | ヒザ関節の話 | 19:40 | - | - | - |
      どんな人がラクチーノ飲んでるの?
      0
        ラクチーノを愛飲している人は、主にヒザ関節の痛みに悩む人です。

        特に、今までヒザ関節の痛みに悩んでいて、いろいろなサプリメントを試していたけど、何を飲んでもあまり効果が見られなかったため、口コミでラクチーノを知って継続して飲んでいるという人が多いようです。

        特に、活性型メチオニンという酵母を使った軟骨成分サプリメントは珍しいため、ワラにもすがる思いで試しに飲んでみたというパターンも結構あるようです。

        実際、長い年月をヒザの痛みと付き合ってきた人たちが、ラクチーノを飲み続けてから行動範囲が大幅に広くなったと喜んでいるのです。


        ラクチーノは、単にグルコサミン・コンドロイチン・ヒアルロン酸といった、今では誰もが知っている軟骨成分を補うだけでなく、これら有効成分を確実に”軟骨”として無駄なく変える事に重きを置いているサプリメントです。

        有効成分を軟骨に変える機能は、年齢と共に衰えるわけです。

        ラクチーノの役割は、この衰えた機能を補う事にあります。

        ラクチーノの愛飲者に年配者が多く、しかも半年以上飲んでいる人は年齢を感じさせないほど元気な人が多いというのも、一つの参考になるのではないでしょうか。










         
        posted by: rakutino | ラクチーノを飲んでいる人はどんな人? | 19:37 | - | - | - |
        ラクチーノのヒアルロン酸は高分子ヒアルロン酸
        0
           軟骨成分サプリメントに必ず含まれている、ヒアルロン酸。

          ヒアルロン酸は、低分子化することで吸収されやすいと言われているため、多くのヒアルロン酸サプリメントは「低分子ヒアルロン酸」をウリにしているようです。

          確かに、低分子化することで体への吸収率はよくなりますが、体に吸収されたヒアルロン酸はそのままヒアルロン酸として軟骨成分になるわけではありません。


          体内で吸収分解されてバラバラになった様々な成分は、再び組み立てられてから軟骨成分をはじめ体の組織へと変えられるわけです。


          低分子化されたヒアルロン酸は、吸収はされやすいのですが、あまりにも低分子かされてしまうと再び組み立てられる可能性は極端に低くなります。

          吸収力ばかりがクローズアップされ、低分子ヒアルロン酸がもてはやされていますが、実際に軟骨に形成されなければ意味がありません。

          だからラクチーノは吸収率としての効率は悪くとも、軟骨として再形成されやすい「高分子ヒアルロン酸」を使用しているのです。







           
          posted by: rakutino | ラクチーノのここがすごい | 21:19 | - | - | - |
          爪の色で階級が示されていた